武蔵野市議会竹内まさおり議員の議会質問について・その4

  • 2018.12.01 Saturday
  • 15:36

今回の竹内まさおり議員の議会質問について

 

家族に聞いてみました。

 

結果

 

「え?片手間じゃないの?何がおかしいの?」

 

という反応でした。

 

まあ、あたりまえです。

 

武蔵野市のプレーパーク事業に

 

私の人件費は入っておりません。

 

今まで11年間、お小遣い程度の交通費・謝金のみなのです。

 

当然ながら

 

本業を持たないと生活できません。

 

「片手間というのが問題なら、代表の人件費を出せ!」と申しておりました。

 

確かにそうなのですが

 

世の中のプレーパークを行っている団体を広くみれば

 

プレーパーク事業が市民活動であることが多く

 

ほとんどの代表者に生活を保障するような人件費が出ているところはないのではないでしょうか?

 

また、私のように男性が代表のところは少なく

 

女性が

 

「主婦の片手間」「子育ての片手間」にやりくりしているところがほとんどだと思います。

 

竹内まさおり議員は、そういった状況を理解した上で発言されたのか

 

はなはだ疑問です。

 

(いい加減にやめろと言われそうですが まだ 続きます)

 

 

武蔵野市議会竹内まさおり議員の議会質問について・その3

  • 2018.11.27 Tuesday
  • 14:35

そもそも 竹内まさおり議員はネガティヴと質問されているわけですが

 

いつのブログなのでしょうか?

 

自分のブログを読み返すことはあまりないのですが

 

今回の件で読み返すことにしました。

 

結果8月8日に「日本冒険遊び場づくり協会について・その1」の中で

 

「片手間」という言葉がでてきます。

 

私は完全に「片手間」にプレーパークを運営しています。

 

本業の傍らプレーパークの携わっているわけで

 

時間がありません。

 

体力的にも

 

かなりぎりぎりの生活をしています。

 

というくだりです。

 

しかし、この文章は

 

私が本業の傍らにプレーパークに携わっているので

 

日本冒険遊び場づくり協会の会合などに参加できず

 

残念ながら

 

現状ではニュースを読むくらいしか関われない

 

というのが実情です。

 

と書いている通り

 

委託事業であるプレーパーク事業について書いているのではなく

 

日本冒険遊び場づくり協会の会合などに参加できないことを本題にしている文章です。

 

しかし

 

竹内まさおり議員の質問は

 

私のネガティヴ発言から

 

プレーパーク事業自体の現状と課題を質問しています。

 

つまり、完全なる

 

あげあしとりだと思います。

 

(続く)

 

 

 

 

武蔵野市議会竹内まさおり議員の議会質問について・その2

  • 2018.11.24 Saturday
  • 19:39

まずもって、

 

竹内まさおり議員から事前にお話しなどなく

 

ブログの記事について

 

武蔵野市議会で議論されるとは全く思っておりませんでした。

 

またその竹内まさおり議員の発言は

 

ネガティブであるから問題である

 

注視する必要があるというものでした。

 

この結果として

 

私はどのように反応するでしょうか。

 

まず、私はNPO法人の代表であり

 

私個人のブログとはいえ

 

議論されている場所が

 

武蔵野市議会であり

 

それも決算委員会という重大な委員会です。

 

プレーパークむさしのは武蔵野市から委託事業として

 

プレーパーク事業を請け負っているわけですので

 

ことは重大です。

 

ということですので

 

結果は明白で

 

 

私はネガティブなことを書いてはいけない

 

という結論になります。

 

そうしないと、また議会で質問され

 

問題だと言われるかもしれません。

 

私としても法人に迷惑はかけたくありませんし

 

ネガティブな発言をしたので

 

委託事業取り消し なんてことになっては大変ですので

 

私はネガティブな記事を書かないことにする。

 

これで問題解決ということに…

 

私は全くそういう性格ではありません。

 

またこれに反論していかないと

 

竹内まさおり議員が

 

私のブログについて

 

次から次へと難癖をつけてくるかもしれないと思うわけです。

 

そもそも、委託事業を請け負っていると

 

ネガティブな発言をいてはいけないのでしょうか。

 

(続く)

 

 

 

 

武蔵野市議会竹内まさおり議員の議会質問について・その1

  • 2018.11.22 Thursday
  • 10:52

二ヵ月間にわたり、私のブログを中止してきました。

 

ことの発端は9月20日武蔵野市議会の決算委員会で

 

竹内まさおり議員のこの発言に始まります。

 

 

代表理事の方がネガティブなブログの記事を書かれている時があるようですが

 

この事業の現状と課題についてお伺いいたします。

 

この後、児童青少年課長が答弁します。

 

代表者の方が 申し上げにくいですけれど

 

このプレーパーク事業 片手間にやっていると 書かれておりまして

 

注視していただきたいと思います。

 

 

この発言を受け

 

まずは、プレーパークむさしののHPの中の

 

私のブログに関して

 

武蔵野市議会議員が注視する必要があると発言しているわけですので

 

今後のこのブログについて

 

どのように対処していくべきか

 

私なりに考える時間をとったわけです。

 

 

私なりに、この件について

 

検証し、意見を述べさせていただきたいと思います。

 

(続く)

 

 

 

 

 

 

 

しばらくブログお休みします

  • 2018.09.20 Thursday
  • 16:28

なにか

 

このブログが

 

政治利用されているようなので

 

当面お休みします。

 

まあ

 

なんというか

 

あきれますけど

 

最近、あまり書きたいこともありませんでしたので

 

ちょうど良い機会です。

 

 

 

不登校対策。

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 08:52

現在、武蔵野市では

 

不登校対策検討委員会が行われています。

 

そうは言え

 

庁内だけの会議で

 

議事録なども公開されていないようなので

 

話しの中身はわかりません。

 

でも年度内の一定の結論をみるようです。

 

教育委員会、教育部、学校関係者だけでなく

 

庁内広く出席しているようですが

 

どうなるのでしょうか。

 

当法人としては

 

注視しています。

 

不登校は学校だけで対応するっていうような

 

前近代的な話しにはなってほしくありません。

 

ただただ

 

祈るばかりです。

目の前のことに頑張ります

  • 2018.08.28 Tuesday
  • 08:07

なんか文句ばっかり言っていますが

 

まあ

 

いいや

 

面倒だし

 

私自身は

 

本職の傍ら

 

武蔵野市の子どもたちを対象にした

 

事業を運営しているわけなんで

 

時間もない中で

 

精一杯なんで。

 

家族サービスもしなくちゃいけないし…

 

ところで

 

夏休みもうすぐ終わりですね。

 

なんとなく

 

子どもたちの憂鬱な顔が目に浮かびます。

 

せめて少しでも

 

楽しく過ごす時間を共有したいな〜と

 

今年の夏は遠足の夏。

 

30日は5回目の遠足です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本冒険遊び場づくり協会について・その3

  • 2018.08.22 Wednesday
  • 08:45

そして

 

何より

 

一番やめてもらいたいのは

 

「権威」というやつ。

 

何か

 

上から

 

それを感じる場面がありました。

 

権威自体全てを否定しませんが

 

だいたい

 

プレーパーク業界にそんなすごい人いるんでしょうか。

 

私の経験では

 

そんなすごい人

 

見たことありませんけど。

 

まあ私の見ている範囲なんて

 

わずかなものですので

 

いるのかもしれませんが。

 

いずれにせよ

 

実力の伴わない権威は最悪です。

 

「言ったもん勝ち」は止めて欲しいと思います。

 

結論から言えば

 

もう少し

 

平らに議論ができないものかと。

 

会員でいること自体に

 

迷う毎日です。

 

 

 

 

日本冒険遊び場づくり協会について・その2

  • 2018.08.18 Saturday
  • 08:57

さて

 

その

 

日本冒険遊び場づくり協会ですが

 

代表が関戸博樹さんになったそうです。

 

特に方針とかが変わるというような感じではないようですので

 

今まで通りなのかもしれません。

 

1団体の私の意見など聞いてもらえないのでしょうが

 

私としては

 

とにかく

 

「遊び場の多様性を認めてほしい」

 

それにつきます。

 

プレーパーク(冒険遊び場)は全国に多々あると思います。

 

しかし、誰かに指示されて作られたわけではなく

 

法律によって作られたわけでもなく

 

ガイドラインもない。

 

ざっくりとした定義はあるとは思いますが

 

その程度のものです。

 

遊び場の共通項は何か

 

最大公約数を考えてもらいたいと思います。

 

何か上から「こうあるべき」っぽいものを感じてきました。

 

各団体にはそれぞれの思いや

 

方針ややり方があると思います。

 

今一度、協会の立ち位置を

 

あるべき姿を

 

考えてもらいたいと思います。

 

 

 

 

日本冒険遊び場づくり協会について・その1

  • 2018.08.11 Saturday
  • 09:45

全国のプレーパーク(冒険遊び場)の

 

中間支援団体として

 

「日本冒険遊び場づくり協会」があります。

 

まず私について。

 

全国組織ですので

 

フォーラムや勉強会など様々な事業がありますが

 

私は完全に「片手間」にプレーパークを運営しています。

 

本業の傍らプレーパークに携わっているわけで

 

時間がありません。

 

体力的にも

 

かなりぎりぎりの生活をしています。

 

今年から新しい事業も始まり

 

私がその担当でもありますので

 

なおさら、時間がありません。

 

というわけで、なかなか日本冒険遊び場づくり協会の事業に参加ができないわけです。

 

残念ながら…

 

現状ではニュースを読むくらいしか関われないというのが現状です。

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM