もうすぐ1年が終わりますね。

  • 2017.12.23 Saturday
  • 12:29

あっという間に1年が過ぎました〜

 

また年をとる…とほほ

 

いろいろあった1年でしたが

 

プレーパークに関しては

 

嫌なことが少し多かったな〜と思います。

 

そしてそのことが

 

次のステップにつながると良いのですが

 

つながるものと

 

全くつながらないものとが

 

あります。

 

特に法人内部のゴタゴタはもうこりごりですとほほ

 

うだうだ書いて1年が終わりますが

 

昨日、勉強を教えた子どもから

 

「ブログがつなまらない、くだらないこと書いている」という趣旨の発言あり

 

ショックを受けております…ショックショックショック

 

来年4月からは

 

ブログ内容テーマの変更

 

会員さんメールの定期配信も考えていこうと思っておりますショック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本冒険遊び場づくり協会ニュースについて

  • 2017.12.17 Sunday
  • 11:41

プレーパークを運営している団体の

 

中間支援団体が

 

日本冒険遊び場づくり協会です。

 

年会費は法人として15000円。

 

決して安くはありません。

 

そして通信が送られてくるのですが

 

どうも私としはしっくりいきません。

 

今回も誰が書いたかも記されていない

 

アニメのキャラに見立てた文章が巻頭です。

 

一体誰に向けて書いているんでしょうか。

 

ブログに文句を書くのもどうかと思いますが

 

文句です。

 

遊び場をとりまく様々な問題や事例をしっかりと報告してもらいたいものです。

 

応援したい気持ちが萎えます。

 

 

現在勉強中…

  • 2017.12.15 Friday
  • 09:38

現在、私、勉強中です。​

 

中学数学1年。

 

昨年、中学生に勉強を教えていたのですが

 

基本、私、文系なんです。

 

理系は苦手ですが

 

ちょっと必要に迫られて…

 

まずは自分がやっています。

 

テキスト買って、夜、家でやっております。

 

娘大学4年娘「え?このレベル?やばくない?もしかしてわからないの?」

 

とほほ父「わ、わ、わかるよ、確認してるだけだもんね。」

 

男の子高校3年息子「教えてあげようか?」

 

いかり父「そんな暇があるなら、自分の勉強しろ。」

 

というわけで

 

毎晩、頑張っております。

 

 

 

 

 

プレーパーク運営論の訂正です

  • 2017.12.11 Monday
  • 11:04

以前、プレーパーク運営論として25回ブログで書きましたが

 

その中で訂正があります。

 

訂正と言うか、考えが変わった。

 

よくあることです。

 

結構変わります、私。

 

どこの部分かというと

 

プレーリーダーの部分。

 

プレーリーダーは「遊び場づくりのプロ」であって欲しいと言った私。

 

全面的に撤回します。

 

間違いでした。すみません

 

じゃあ~何?すみません

 

今、頭の中に構築中です。

 

来年4月までには必ず

 

文章化しますがんばる

 

 

 

 

 

 

昔話し・その15

  • 2017.12.04 Monday
  • 19:07

プレーパークの歴史の中で

 

一番大きな出来事。

 

それは7年目。

 

いわゆる世話人制度を止めたことです。

 

運営者とプレーリーダーという仕組みを変えて

 

みんなスタッフ、みんな一緒の立場で

 

運営しましょう!というやり方にしたのです。

 

会員制度も正会員=運営者だったものを

 

正会員=賛同者とし

 

運営はスタッフが行うことにしました。

 

ここから全てが変わりました。

 

全く別の団体になったと思います。

 

この段階で開設当初から関わった方は全員いなくなりました。

 

翌8年目には大野田プレーパークが開設され

 

市内に二ヵ所のプレーパークとなりました。

 

今年は9年目。

 

来年は更に新しい事業を行う方向で検討中です。

 

思えば最初からこうしておけば良かったんですが

 

今更何を言っても始まらない…

 

これからは前を向いていこうと思いますがんばる

 

 

 

 

昔話し・その14

  • 2017.11.29 Wednesday
  • 08:16

開園4年目。

 

運営体制に大きな変化がありました。

 

それまでは

 

運営者の中から理事が選ばれ、スタッフを雇用するという仕組み

 

そこから

 

運営者の中から理事と運営代表が選ばれ

 

理事は法人経営を

 

運営代表は現場運営を他運営者、スタッフと一緒に行うというもの。

 

何でもかんでも池田という仕組みから

 

少し脱却したかと思ったんですが

 

あえなく2年で頓挫しました…

 

理由は簡単。

 

運営代表に理事がおらず

 

理事は意見を言う

 

私は理事と運営代表、両方のかじ取りというか調整というか…

 

結果、運営代表は大変、負担大

 

次の成り手はいなくなります…

 

思えば当たり前です。

 

失敗です。

 

うちに限らない話しでしょうが

 

現場と理事のすれ違いは結構大きな問題です。

 

双方を理解していればよいですが

 

理事が一方的に意見した場合

 

現場の反発を招きます。

 

特にうちのような市民団体の場合はなおさらです。

 

理事には理事としての見識が求められるはずです。

 

そういう意味でも

 

うちは苦労の連続でした。

 

今まで理事をやられた方は少なからず反省してもらいたいものですが…

 

昔話し・その13

  • 2017.11.24 Friday
  • 09:03

昔話し の続きです。

 

ところで

 

この 昔話し は以前の連載のように

 

次々と更新するわけではなく

 

結構ネタがないのではないかと

 

お思いのあなた

 

間違いですよ

 

書きたいことは山ほどありますが

 

「ん~これ書いていいのかな…」

 

「これは書いてはダメだな…」

 

となり

 

結果として

 

書くのに苦労しています…

 

それだけ苦労が多かった団体だと思うのです。

 

ということで

 

昔話しは15で終わりにしたいと思います。

 

 

今回は何の話しかと言うと

 

法人の基本理念について。

 

法人スタートから私たちの基本理念は「みんなでつくるみんなの遊び場」でした。

 

そして具体的なミッションの中に

 

民主的な運営を行うこと

 

第三者評価を行うこと

 

が明記されていました。

 

これは私が作ったのではありません。

 

他の理事の方が中心になって作成されました。

 

この旗印の中

 

「池田さん、ちゃんと運営してくださいね」という風潮が生まれたような気がしています。

 

みんなで運営するのではなく

 

「池田が運営する」

 

不平不満は池田に言えば良いという風潮。

 

設立当初は本当に顕著にあったと思います。

 

「みんなでつくるみんなの遊び場」はとても良い言葉ではあるけれど

 

これを実践する人の力量はすごいものがあります。

 

私たちには無理だったのだろうと思います。

 

 

 

全身がイタイ

  • 2017.11.20 Monday
  • 17:38

昨日は

 

プレーパークに遊びに来ている子たちと遠足でした。

 

年に3~4回ほど実施しています。

 

今回は高尾山登山登山

 

高尾駅から徒歩開始登山

 

高尾山口まで登山

 

そこから登山登山

 

そして

 

人人人人人

 

まさに人ゴミゴミ

 

の中をかき分けて頂上へ登山

 

どの店も長蛇の列。

 

ここは山なのか?

 

そして

 

 

ばてました…倒れる

 

日頃の運動不足がたたり

 

子どもたちから「大丈夫?」「社長荷物持ってあげるよ」と気遣いされ

 

年齢を実感する1日となりました。

 

そして本日

 

足だけでなく

 

全身がイタイ

イタイ

どこがイタイかもわからない

 

夕方になっても

 

改善する気配なし。

 

1人の子が「社長、もう山登りヤダ」と言ってましたが

 

イヤ「私もヤダ」

 

 

本日から

  • 2017.11.10 Friday
  • 08:19

本日から3日間

 

常勤スタッフの山本君がおりません。

 

辞めたんじゃないですよしめしめ

 

連休です。

 

他のスタッフが協力して現場をしっかりと運営して欲しいです。

 

山本君は携帯も持てないところにいるようです。

 

牢獄ではないですよしめしめ

 

緊急連絡先を書いて置いていきました。

 

みんなで毎日1回は☎してみようと思いますしめしめ

 

 

昔話し・その12

  • 2017.11.06 Monday
  • 18:13

1年目の終わり

 

こんなことがありました。

 

私はプレーパークに関わる以前から

 

武蔵野市の都市交流事業に関わっていました。

 

特に新潟県長岡市小国町の方々とは親交があります。

 

そんな中、小国町のイベントを武蔵野市で行えないかという話が持ち上がりました。

 

名付けて「OGUNI ARAWARU」というイベントでした。

 

小国町の方々、新潟のNPOの方々、武蔵野市交流事業課の方とも相談し

 

実現する運びとなりました。

 

ののプレでは大量の雪を持ち込み

 

雪遊びのイベントを開催しました。

 

小国町の方に「カマクラ」を作ってもらったり

 

お団子がふるまわれたり

 

藁草履体験というものもありました。

 

ところが、このイベントは

 

児童青少年課は認めないということで

 

委託費からは1円も出すなと言われたのです。

 

武蔵野市が関係していないものでもなく

 

まるで意味がわかりませんでした。

 

そんな中

 

前日、市長が来たいと言っていると連絡が入ります。

 

担当の児童青少年課が認めていないのに

 

市長が挨拶に来るってどういうことなんでしょうか…

 

結果、市長も来られ

 

来場者は1日にして450名を超え

 

まあ大盛況だったのです。

 

実際、委託費から出さないということでしたが

 

団体の蓄えもなく

 

私が自腹で払ったものもありました。

 

一担当者の横暴でしょうか…

 

初年度最大の嫌な思い出です。嫌

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM