コロナ禍の中で思うこと・役に立たないこと

  • 2020.05.14 Thursday
  • 17:21

当然ながら子どもたちのことを心配しているのですが

 

私たちは、遊び場の運営者です。

 

心配するだけでなく

 

やることがあるはずです。

 

今回、東京都の自粛要請期間中では

 

開けたり閉めたりの右往左往がありました。

 

しかし

 

緊急事態宣言発出と同時に

 

遊び場は閉鎖。

 

子どもたちのためにできることは何もありません。

 

来場者を限定するとか

 

考えられる方法はあると思うのですが

 

「人を呼ぶ施設や事業は閉鎖」ということになりました。

 

残念

 

を越して

 

無念

 

そして

 

私たちの運営のあり方

 

事業の進め方

 

ひいては

 

遊び場に携わる

 

全ての人々に真剣に考えてもらいたいと思います。

 

緊急時

 

遊び場は人がただ集まるだけだから

 

閉めましょ

 

 

これでいいのか?

 

いいわけないだろう!

 

12年の遊び場運営の中で

 

こんなに

 

嫌な思いは初めてです。

 

スタッフは自宅待機

 

子どもたちは家の中

 

「遊びが大切なんていったところで、真に必要なものだなんて思われていない」

 

現実を目の当たりにしています。

 

うちの法人の役に立たなさを

 

痛感しています。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM