あたりまえを疑う・子どもの遊びについて・その6

  • 2019.05.18 Saturday
  • 08:28

ちょっと視点を変えて

 

それでは

 

「子どもにとって遊びが大切」

 

「子どもは遊びで育つ」

 

 

プレーパークを作る際に

 

自治体、行政に響く言葉になっているのか?

 

ということを考えてみたいと思います。

 

私の経験では

 

かなり難しい気がします。

 

もちろん、日本は広いので

 

そのことに対して

 

自治体、行政がお金を出してくれるところもあるのかもしれませんが

 

あまり多くないのではないでしょうか。

 

何故か?

 

子どもにとって「良いもの」はたくさんあり

 

「遊び」だけにお金を出せないからだろうと思います。

 

また「遊び」という

 

実態がわかりづらく

 

その結果の効用も、さらにわかりづらいということも

 

影響していると思います。

 

どちらかと言えば

 

「子どもにとって遊びが大切」

 

「子どもは遊びで育つ」は

 

行政より

 

企業が

 

その可能性を検討する時代になっているのではないでしょうか?

 

ある種のエリート養成は

 

スポーツや塾と同様に

 

ビジネスチャンスになりえるからです。

 

私は企業が悪いと言っているわけではありません。

 

私自身も自営業ですからね。

 

ただ

 

子どもの遊びということが

 

教育熱心な親の層に響くことは明白です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM