昔話し・その14

  • 2017.11.29 Wednesday
  • 08:16

開園4年目。

 

運営体制に大きな変化がありました。

 

それまでは

 

運営者の中から理事が選ばれ、スタッフを雇用するという仕組み

 

そこから

 

運営者の中から理事と運営代表が選ばれ

 

理事は法人経営を

 

運営代表は現場運営を他運営者、スタッフと一緒に行うというもの。

 

何でもかんでも池田という仕組みから

 

少し脱却したかと思ったんですが

 

あえなく2年で頓挫しました…

 

理由は簡単。

 

運営代表に理事がおらず

 

理事は意見を言う

 

私は理事と運営代表、両方のかじ取りというか調整というか…

 

結果、運営代表は大変、負担大

 

次の成り手はいなくなります…

 

思えば当たり前です。

 

失敗です。

 

うちに限らない話しでしょうが

 

現場と理事のすれ違いは結構大きな問題です。

 

双方を理解していればよいですが

 

理事が一方的に意見した場合

 

現場の反発を招きます。

 

特にうちのような市民団体の場合はなおさらです。

 

理事には理事としての見識が求められるはずです。

 

そういう意味でも

 

うちは苦労の連続でした。

 

今まで理事をやられた方は少なからず反省してもらいたいものですが…

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM